Theme
ambiguë
I'm lost in the world

私は、一時間社交的になるごとに、およそ二時間独りになることにしています。内向的な人間にとって、思索とともに孤独でいることは、睡眠や滋養や食事と同じような回復効果があるのです。

(内向的な人々は)全人口においては少数派ですが、才能ある人々においては多数派です。

最悪なのは、外向的な人々が、私たちに苦痛を与えていることを自覚していないことです。時々、私たちは、彼らの「98%中身のない話」による霧に囲まれて苦しくあえぎ、彼らが自分自身にも耳を傾けていないのではと思うほどです。それでもやはり、私たちは我慢して平然を装います。なぜならば、外向的な人々が書いたに違いない礼儀作法の本によると、冗談を言うのを拒否するのは失礼で、会話が途切れるのは気まずいことと見なされているからです。私たちは、いつの日か、私たちの社会的身分がより広範に理解され、「内向的な人々の権利」運動が開花し結実し、次のように言うことが無礼にあたらなくなることを夢想するほかありません。

「私は内向的な人間です。あなたは素晴らしい人だし、私はあなたが好きです。でも、今はどうかおとなしくしていてください」

内向的性格の人が夢見ること: とみー (via rurinacci)

(Source: misoka, via shortcutss)

想像力がある限り、世界は完成しない
シュヴァンクマイエル (via chica) (via kn) (via wiggling) (via vmconverter) (via mcsgsym, dotimpact) (via quote-over100notes-jp) (via tatsukii) (via petapeta) (via kikuzu) (via yellowblog) (via shortcutss)